読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地位もある名声も手に入れた、でも幸せを感じない・・ 「幸福の哲学」

お疲れ様です

アニメを見れたらそれでよい 河童の太郎です<m(__)m>

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20170317220015p:plain

目次

・本書の内容

・本書を通しての感想

           

<本書の内容>

 ●「幸福」とは何なのか

f:id:kingdam1600:20170401191333p:plain

 私たちはどういうときに「幸福」を感じるのか

 何か困難なことを達成した時

人の助けになった時

趣味に没頭してる時

 

人によって幸福の感じ方は様々。

では幸福とは何なのか。

生きる上でどうすれば幸せな人生を歩めるのか。

 

 「嫌われる勇気」の著者 岸見一郎氏が

「幸福」について根本からじっくり考えた本である。

          

 <本書を通しての感想>

 ①成功と幸福の違い

②本書を読んでみて

 

 

 ①成功と幸福の違い

f:id:kingdam1600:20170403140110p:plain

 今まで、「幸福」は成功の延長にあるものだと思っていた。

例えば、努力して一流大学・大手企業に入ることで、周りから称賛されたり

ある程度の将来を約束されたりなどの「幸福」が自然とついてくるもの。

つまり、成功なしに幸福は得られないものだと考えていた。

 

 でも、実際は「成功」と「幸福」は全く別のもであった。

 成功したからといって、必ず幸福になれるわけではなく、

成功しなくても、人はすでに「幸福」であるようだ。

 

 じゃあ,成功と幸福の違いは何んだろうーと思ってるとき

友人のカメラマン・プリティがいってたことがピンときたので載せておきます。

 

●幸福

 今ここにあるものに気付けること。

自分がどんな現状であれ、幸福となる、物、事象、現象は存在する。

 

 ●成功

設定した目標に到達すること。

例えゴールに到達しても、幸福になるとは限らない。

 成功した現状に自分が満足できるかどうかで幸福が決まってくる。

 

 

②本書を読んでみて

f:id:kingdam1600:20170403154602p:plain

 そもそも「幸せ」って何だろう~と考えてる時点で

 おそらく自分は今の現状に満足してないんだろうなーと思う(笑)

本当に幸せなら「幸せ」とは何か?なんて考えないだろう。

 

 自分にとって「幸福」を感じる時は

・会いたい人に会えたとき

・うまい飯を食べたとき

・温泉に行けたとき 

など本当にささいなことで自分は「幸福」を感じられる。

 

 しかし、最近SNSの発達により他人との距離がより密接になったせいか

すでに私たちはささいなことでも幸せなのに、他人の上手くいってる姿や

楽しそうな姿をSNSを通してみて、自分はまだまだ幸せじゃない・・・

もっと頑張らねば・・・と思いこまされるようだ。

 

 

本書では

幸福は「なる」ものでなく「ある」もの だと述べている。

f:id:kingdam1600:20170404093937p:plain

人は何かの出来事で幸福になったり、不幸になったりしない。

 すでに今人は幸福である、というもの。

 

 

 この理論は非常に納得はできる。

 ただ、幸福はすでに身近にあるものとはいえ

 他者との関係は切り離せないし、他者と比較も避けられない。

となると、いくら自分は幸せーだなぁと思っても、

その幸せは少し無理に思った幸福で、心から感じる幸福ではない・・

 

人との距離がより身近になった今では

ささいな幸福でさえ感じるのは難しいんじゃないかな~

          

<お薦めの人>

 ・他人と比較しすぎてしまう人

・少なからず現状に満足してない人

・幸福についてじっくり考えてみたい人

 

<本書に興味のあるひと>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ