読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラクダは乗り物? いいえ、食べ物です!  「世界のへんな肉」

お疲れ様です

 ヤギ肉は刺身が一番旨いと実感した 河童の太郎ですm(__)m

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20170408201233p:plain

目次

、動物園でみかけるあいつも、こいつも美味しく頂く

2、ラクダって食べれるの? お味の方は・・・

3、本書を通しての感想

           

<本書の内容>

●動物園でみかけるあいつも、こいつも美味しく頂く

f:id:kingdam1600:20170409115851p:plain

 子供のころ、動物園でキリンをみながら「キリンって食べれるの?」と

親に聞いたら、アホなこというなと怒られた覚えがある(笑)

 

日本人からしたらキリンが食べれないのは常識である。

でも、サバンナで生きる人達からみれば、キリンは貴重な食べ物だ。

 

国ごとで食べるものが異なるのは言うまでもないが、その食べ物は

日本人が驚くものばかりである。

 

著者が世界中を旅して、各国で食した

「え、こんなものまで食べるの?」と日本人からしたら

予想外な「肉」が続々と登場する一冊である。

 

読み終わった後、多くの動物が食べ物にしかみえなくなること

間違いないでしょう(笑)

           

 ●ラクダって食べれるの? お味の方は・・・

f:id:kingdam1600:20170409154135p:plain

 個人的に、ラクダって非常に臭いイメージがある。

特にラクダが怒ったときに、吐く唾はとてーも臭いとか。

 

でも臭そうな食べ物って、味は格別なイメージもある。

 日本のくさや、韓国のホンオフェなど。

だから、ラクダの肉も臭くても味はわるくないかもとは思ってるが・・

 

実際はどうなのか。

著者はエジプトの首都カイロのレストランで

ラクダの串焼きを食す機会があったそうだ。

f:id:kingdam1600:20170409164617p:plain

(引用元 TheMeatGuy)

 

でお味の方はどうかというと・・・・

脂肪は少なめで、赤身は多く、味は牛肉よりも鹿肉に近いらしい!

多少獣臭さはあるようだが、そこまで臭いは気にならず絶品のようだ!

 

機会があれば、是非とも食してみたいものである。

          

<本書を通しての感想>

 f:id:kingdam1600:20170409154815p:plain

  率直な感想として

読めば読むほど、よだれが止まらんかった(笑)

 

 

 当然だが、国によって文化が違うように国ごとに食べるものも異なる。

 それでも、普段僕らが動物園で見かけるダチョウ、イグアナ、アルマジロ・・

ミラバケッソ」のCMで有名なアルパカ・・

そして、なんとキリン、ビーバーまで・・・。

 

普段、僕らが「かわいい」とおもって何気なく見ている動物でさえ、

国によっては美味しい食べ物になってしまう。

 

人間食べようと思えばなんでも食べれる(笑)、と思った一冊であった。

(ちなみに著者いわく、キリンの肉は嚙めば嚙むほどカビっぽい味らしい)

 

この本は著者が世界中を旅して、訪れた国で食べた「肉」の味が

見た目とは予想外に美味かったり、まずかったりと紹介してる本である。

 

それに加えて、著者がダチョウに追いかけられて九死に一生をえたり、

人生初めてのピラニア釣りをしたりなど、各国のエピソードをかわいい

イラスト共に描かれていて面白かった~

 

普段引きこもって、海外に行くことに全然興味がなかった僕ですが

この一冊で、「各国の肉を食べるために海外旅行もありだな~」

とおもったりもしなくもなかったり~

          

<お薦めの人>

 ・旅行好きな人

・食にこだわりたい人

 ・ゲテモノ好きな人

 

<本書に興味のある人>

www.amazon.co.jp

 

今回はここまで('ω')ノ