読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で何を大事にし何のために生きるのか 「ザ・ミッション」

お疲れ様です

最近特に本能の赴くままに生きている 河童の太郎ですm(__)m

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20170217202244p:plain

目次

・本書の内容

・本書を通しての感想

           

<本書の内容>

 ●自分の人生により大きな意義と目的を

f:id:kingdam1600:20170218211311p:plain

 「自分の人生は本当にこれでいいのか」

 「自分のやりたいこと何なのか」

「なぜ仕事で成功しても幸せではないのか」

 

 誰もが一度は疑問を抱くことではないだろうか

この答えを知る手段の一つとして

自分の中の価値観の優先順位で知ることである

 この本は自分の価値観を知る様々なワークが用意されている

 

このワークを通して

自分の進むべき道を見つけてみるのはいかがだろうか

           

●本書を通しての感想

 ①「気にしない」「気にする」「気にかける」

②本書を通して

 

 

①「気にしない」「気にする」「気にかける」

f:id:kingdam1600:20170225165215p:plain

「気にしない」「気にする」「気にかける」

 この3つは私たちの日常でよく使う言葉でもあるかと思います。

 

この3つの違いとして

・「気にしない」~自分の価値観より他人の価値観を軽く見ている状態

・「気にする」~他人の価値観を自分の価値観よりも重く見ている状態

・「気にかける」~自分の価値観と他人の価値観を同じように認めている状態

 

説明からも分かるかもですが

この3つの言葉で自分が相手の価値観を

どう見ているかがわかります~

 

 僕はこの3つで「気にする」状態が多いかと

人と接するときに相手のことを尊重することを心がけている

でも、それって無意識に自分を犠牲にして一種の自己満足で

自分の中でおわらせてしまっているんだなーと

 

相手も自分の価値観を同じくらい認め

人間関係を生き生きさせるためにも常に「気にかける」

状態に持ってく必要があるようです~

 

②本書を通して

f:id:kingdam1600:20170225171632p:plain

 この本全体が自分の価値観を整理するためのワーク本である。

全21章を通して、自分が本当に大事にしている価値観を見つける。

この本を通しての自分の気づきとして

 

・自分があこがれる人の共通点

・トラウマとのけじめのつけ方

・日常で常に欲している価値観

 など

 

全21章がワークとなっていて、全部のワークをやると

相当な時間を費やすことになる(*_*)

ただ、費やした分だけ自分にとって大きなものになるのは間違いないかと

 

今年就活をする学生には自己分析の手段一つとして

社会人の方には今後の自分を方針を明確にするものとして

利用するのもいいんじゃないかなと~

 

自分が大切に思っている価値観などは

年を重ねるごとに、変わっていくもの

この本のワークを一度やっただけで終わらせず

一年毎など期間をあけて、繰り返しやることをお勧めしますm(__)m

            

<お薦めの人>

 ・自分の軸をしっかり固めたい人

 ・今後の自分の生き方が曖昧な人

 ・自分の人生に少なからず疑問を感じている人

 

<本書に興味のある人>

Amazon CAPTCHA

今回はここまで('ω')ノ