読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「お金」の奴隷になった現代人 「君は一万円札を破れるか」

お疲れ様です

給料のほとんどが漫画で消える 河童の太郎ですm(__)m

 

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161015084023p:plain

             

●お金に絶対的な価値はない

f:id:kingdam1600:20161023132842p:plain

「お金がないから何もできない・・・」

「お金を得るために、好きでもない仕事をやっている・・・」

 

 このように現代社会に生きる多くの人がお金に不安を持ち、お金には絶対的な価値がある」という情報に洗脳されている。

つまり 多くの人が「お金の奴隷」となっているのだ。

 

結論から言うと現代のお金は単なる「情報」に過ぎない

「これにはこれだけの価値がありますよ」といった情報のみである。

お金は「情報」として世の中を回っているものであり、物理的な実態のあるお金、現金はその動きを補う程度。

お金それ自体に本質的価値はないのだ

 

 

本書のテーマは「真の自由を手に入れる」こと

その第一歩としてまず「お金の悩み解消」することを目指す。

 

そのために 

①お金に絶対的な価値はない

②お金がなくても死なない    

という2点の前提条件を徹底した上で、お金の奴隷から解放される方法を伝授する。

 

お金に悩む皆さん

今こそお金の束縛から解放され「真の自由」を手に入れよう!

 

                  

苫米地英人(とまべちひでと)さんに関して

f:id:kingdam1600:20161025183636p:plain

 

 

 認知科学者。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同Cylab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表。

 マサチューセッツ大学を経て上智大学国語学部英語学科卒業後、三菱地所へ入社。2年間の勤務を経て、フルブライト留学生としてイエール大学大学院に留学、人工知能の父と呼ばれるロジャー・シャンクに学ぶ。

 

著書として

・『洗脳広告代理店 電通

・『日本の盲点(スコトーマ)』・

・『経済大国なのになぜ貧しいのか?』

・『現代版 魔女の鉄鎚』

『まずは親を超えなさい!』 など

 

                 

●本書を通しての感想

f:id:kingdam1600:20161025153528p:plain

本書は主に「お金」に関しての話でしたが、お金に限らず

本書を通して、私達の日常は知らず知らずのうちに支配者たちの流す情報に「洗脳」されて、「疑問」を失っていくことに恐怖を感じたのは間違いないです。

 

その「洗脳」のうちの一つ 「年収を人の価値だと思い込ませる洗脳」について

 

近年「格差社会」、「勝ち組、負け組」という言葉をマスコミで見かけるようになりました。この「格差」、「勝ち負け」とかは主に所得の差を示すことが多いようです。

実際、「年収7000万の実業家!!」など聞くと全くその人のことを知らなくても、畏敬の念を抱く方が多いと思われます。

 

本書ではその「洗脳」から抜け出すため、次のようなことを薦めています。

「自分の労働対価をいくらにするか、自分で決める」

 

この方法は「私たちの労働には本来、私たちが望むだけの収入を生み出す価値の源泉がある」という考えをもとにしています。

「お金」の見方を変えるため、当分この方法を実践してみようと思います。

 

                

<お薦めの人>

・お金に関する悩みを抱えている人

・「お金」の本質に興味がある人

 

<本書に興味がある方へ>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ

本書を読んだ方 コメントなど頂けたら幸いですm(__)m