読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

噓つきは人間の終わり 「クビツリハイスクール」

お疲れ様です

「青春」という言葉とは無縁の河童の太郎ですm(__)m

 

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161017122046p:plain

<内容>

  急遽、人類最強の請負人哀川潤から依頼が舞い込んできた。その依頼はある紫木一姫(ゆかりきいちひめ)という女子生徒を学園から救い出すこと。舞台はお嬢様達が通う私立澄百合高校。またの名を首吊高校と呼ばれる場所だった。「ぼく」は早速依頼をこなすため学園に潜入する。しかし、そこで見たものは学園理事長の解体死体であった・・・・。「戯言シリーズ」第三弾。

 

                

●本書を通しての感想

 

本書を簡単に一言で表すと

「能力者系バトル漫画 」 に近いものかと思われる

 

 第一・第二弾が推理小説に近いものだったので、おそらく第三弾も推理ものかなとおもいきや、いざ内容を読んでみると常人の域を超えた女子高生が戦うというバトル漫画のような内容でした。

 

 推理の場面が全くない訳ではありませんが、今までのシリーズに比べたら圧倒的に少ないものかと。「密室」の説明も曖昧な説明のみ。そして、今回の犯人にあたる<ジクザク>。ある程度推理小説・「金田一少年」などの推理系漫画を読まれている方であれば犯人を当てるのに時間はかからないかと思われます。

 

本書は前回紹介した「クビシメロマンチスト」のように「人殺し」といった、何かしらのテーマで書かれているものではないかと。

今回の作品は好き嫌いがきれいに分かれそうな気がしたり

 私は外伝のようなものとして捉えています~

ちなみに、「クビシメロマンチスト」に比べて後味は悪くはありませんでした(笑)

 

 お薦めの人としては、哀川潤が好きな方は本書は是非読んでみてもよいかと。彼女の意外な一面を知れたりできるので(笑)

皆さんの感想など聞けたら幸いです~

                 

<印象に残った言葉>

 ・信用できるかどうかが問題ではない。問題は裏切らないかどうかだ。p140

 

               

<お薦めの人>

・「戯言シリーズ」の中で一番、哀川潤が好きな方

・短時間で小説を読みたい方

 

 今回はここまで('ω')ノ