読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常識の先を歩く男の見る世界 「魔法のコンパス」を読んでみて感じたこと

お疲れ様です

好きな芸人は「野生爆弾」、河童の太郎ですm(__)m

 

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161010174629p:plain

<内容>

 お笑い芸人キングコングツッコミ担当、西野亮廣。皆さんは彼に対してどんなイメージを持っているだろうか。おそらく「お笑い界で一、二を争う嫌われ者」「SNSでよく炎上する人」などマイナスのイメージを持つ人も多いのではないか。実際、私も本書を読むまではそのようなマイナスイメージが少なからずあったし、芸人以外にどんな活動をしているのかわからなかった。

 しかし、間違いなく本書はそんなイメージを吹き飛ばしてくれるだろう。芸人、絵本作家、村長ついには上場企業の顧問にさえ就任したキングコング西野。本書は様々な活動や体験を通してキングコング西野が生み出した「イベントの仕掛け方」「新しいビジネスの発想」「お金の概念」について述べてあるビジネス書である。

 

                   

 ●本書を通して感じたこと

f:id:kingdam1600:20161012122042p:plain

上記でも述べましたが 本書読んだ結論として

キングコング西野さんに対する見方が180度変わった

 

 

今ままでtwitterなどの問題発言で頻繁に炎上してる人」というイメージから

            

   本気で世の中に面白いことを作り出そうとしている人

と自分の中で変化した。

 

自分が気になったポイントの一つととして

なぜ自分がいる場所の居心地良いのかいうと、以前、この場所にあった「壮大な問い」をすでに誰かが解決してくれたから p27

 

電話、テレビ、冷蔵庫 今ある多くのものは私たちにとってはあるのは当たり前

しかし、これらの物は全て偉人たちが「問い」に対して向き合った結果だ。

 

人生を賭けるほどの「問い」を見つけるには 居心地の悪い場所に立つ必要があるのだ

居心地が悪いからこそ「なんで」「どうして」といった問いが見つかる

まず「問い」を見つけるために誰も踏み入れない足場の悪い場所に行ってみるということだ。

 

SNSで「泣けるビジネス書」と話題でしたが

泣けるようなことは一切なく、今後のビジネスを先取りしたビジネスヒント書かと思われます。芸人さんということあり、ビジネスを見つける糸口も興味深かった

毎年8月の独演会、年末の天才万博も是非行ってみたいと思います!

 

                    

「魔法のコンパス」に載っていた、ある人に興味をもったんで紹介しますm(__)m

 

 ホームレス小谷さん

f:id:kingdam1600:20161012120045p:plain

 50円で1日を売り続ける男

「え、一日たった50円」と思う人もいるはず。どれだけ働いても50円の何でも屋。

1ヵ月働いてもたったの1500円にしかならない。

 

しかし、小谷さんが得るのは50円だけじゃない。

50円と「こんなに働いてくれて本当にありがとう」という恩。つまり「信用」を手に入れるのだ。

彼は多くの人から信用を手に入れた結果、結婚式の開催費用を3週間で250万円もの大金を集めたほど

 彼はお金持ちではないが「信用持ち」なのだ。

 

是非皆さんも一度小谷さんを依頼してみてはいかがでしょう

                    

 <お薦めの人>

 キングコング西野にマイナスのイメージがある人

・何かしらビジネスの発想を参考にしたい人

 

 

今回はここまで('ω')ノ