読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・集中力の鍛え方

初めましての方ははじめまして

 

お久しぶりの方はお久しぶりです

 

 

河童の太郎です

 

 

 

今回も前回と同様

 

f:id:kingdam1600:20160822152334p:plain

 

aiGoさんの「超集中力」による

 

 

集中力の鍛え方についての話です

 

 

 

前回「ウィルパワー」という

 

 

思考・感情をコントロールする力について述べました

 

 

 

今回は

・高い集中力を生み出す7つのエンジン

 

 

まず7つのエンジンについて

 

(自分が実践しようとおもった一部だけ紹介します)

 

 

①場所

f:id:kingdam1600:20160822153547p:plain

 

・場所、条件づくり

⇒作業部屋にはテーブル 本のみ、テレビ・ソファといった暇つぶし・くつろぎの材料を排除

 

 

・机に鏡を置く

⇒鏡をみることにより 自己認識力を高める効果がある

 

 

自己認識力というのは

 

今の自分を理想の自分に近づけようとする力です

 

 

 

 

②姿勢

f:id:kingdam1600:20160822155117p:plain

 

 

小さいころ親御さんから口うるさく言われた方もいると思います

 

というのも

 

姿勢が曲がっていると

 

胸のあたりが圧迫され 呼吸が浅くなり

 

血液の循環が落ち 

 

集中力の低下に繋がります

 

 

そのため

f:id:kingdam1600:20160822155836p:plain

正しい座り方をできるだけ心がけること

 

 

 

 

③食事

f:id:kingdam1600:20160822160107p:plain

 

一日のエネルギーの源になる食事

 

 

皆さんはどれくらい食事に気を使っているでしょうか

 

 

 

●低GI食品で集中力を持続

f:id:kingdam1600:20160822161718p:plain

低GIとは そば、玄米 チーズ ヨーグルトなどです

 

 

血糖値の乱高下に人間は強いストレスを感じるようです

 

そこで

 

低GI食品を3度の食事に組み込み 血糖値の変動を穏やかな状態にする

 

 

特に脳がエネルギー切れとなる 朝が重要

 

 

 

 

●コーヒー、エナジードリンクの上手な活用法

f:id:kingdam1600:20160822161640p:plain  

 

テスト勉強などでお世話になってる方もおおいのでは?

 

 

 

・コーヒー

 

1日450mlが適量 小さめのカップ3杯ほど

 

それ以上の摂取は脳の刺激が過剰になり ストレスが過敏に・・・・

 

 

エナジードリンク

1日125ml適量 ショート缶 一口 二口残す

 

効果が発揮するのは飲んだ20分~30分後

 

なので先回して飲むのが有効みたいです

 

 

 

 

④感情

f:id:kingdam1600:20160822162719p:plain

 

 

ここでは

 

喜怒哀楽の感情との上手い付き合い方について

 

 

●怒り

「なにくそ」「腹立つ」

 

といったエネルギーは目標達成や問題解決の原動力に

 

⇒解決の糸口が見えない課題・企画に向き合う!!

 

 

●哀しみ

 

悲しんでいるほど人は冷静な意思決定ができる

 

⇒最近の自分の意思決定を見直す!

 

 

●喜び 楽しさ

 

人をクリエイティブにし 目の前の出来事に対する意思決定を速くする!

 

⇒新たな企画を考えたり、創造性の高い問題に挑戦!

 

ただし

 

セールスなど人の話を聞くことはNG

 

 

 

 

⑤習慣

f:id:kingdam1600:20160822164824p:plain

 

ウィルパワーを節約するのに最良の手段は

 

習慣化です

 

というのも

 

習慣化することで集中せずに作業を処理することができるからです

 

 

ウィルパワーを節約するための一つとして

 

本書では

 

日々の生活の中で持ち物と選択する機会を減らす

 

例として

 

一週間の服装を予め決めて服を選択する機会を減らすなどが

 

挙げられています

 

 

 

⑥運動

f:id:kingdam1600:20160822170259p:plain

 

運動する習慣は脳そのものを強化し 疲労を抑えたり

 

人の感情をポジティブにする働きがあるようです

 

 

 

ここで紹介されているのが

 

 

グリーンエクササイズ

f:id:kingdam1600:20160822170908p:plain

 

これは緑の中を5分ほど散歩する軽い森林浴です

 

日の光を午前中に浴びるとセロトニンの分泌を活性を可能にするようです

 

 

⑦瞑想

f:id:kingdam1600:20160822171121p:plain

 

瞑想によって

 

集中力アップ 緊張や不安に強くなる 睡眠の質の向上 体脂肪が落ちる

 

といった効果が得られるそうです

 

そして一日30分が理想のようです

 

 

以上が7つのエンジンです

 

 

 

 

ここでは紹介できませんでしたが

 

 

その他に本書では疲れをリセットする回復法

 

集中力を自動で作りだす5つの時間術

 

などが書かれています

 

 

集中力だけでなく 

 

疲労が取れにくい方

 

睡眠の質が良くない

 

といった方にもお薦めだと思われます

 

今回はここまで

 

 

ではまた('ω')ノ