読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集中力の鍛え方

初めましての方ははじめまして

 

お久しぶりの方はお久しぶりです

 

猛暑で干からびそうな河童の太郎です

 

 

 

急遽皆さんに質問ですが

 

f:id:kingdam1600:20160812212615p:plain

 

 

皆さんはどれぐらい一つの事に集中することができますか?

 

 

 

 

ちなみに私は約30分しかできません(笑)

 

 

長時間座っていることはできるのですが、ぼーっとしてしまう事が多くて・・・

 

 

集中力をつけたいと強く思う反面

 

 

 

集中力は生まれつきのの能力ではないかと思ってました・・・

 

そんな時 ふと書店で見つけたのがこちら

 

f:id:kingdam1600:20160812213405p:plain

 

メンタリスト DaiGoさんの「超集中力」

 

 

 

内容はざっくりいうと

 

集中力を生み出す条件を知り 集中力を鍛えていく

 

というもの

集中力は生まれつきのものではないのか・・・と思いながら読んでみました

 

 

 

そもそも集中力の源は脳の前頭葉といわれる部分

f:id:kingdam1600:20160812214719p:plain

 

 

 

前頭葉では思考や感情をコントロールする力を生み出します

 

その力は「ウィルパワー」というもの

 

 

人は何かに集中するたびにこの「ウィルパワー」を少しずつ消耗していくようです

 

ウィルパワーにも一定の量があり 全部使い切ると集中できなくなるみたいです

 

 

 

ゲームの魔法ゲージが魔法を使えば消費されるように

 

ウィルパワーも集中すればするほど消耗していきます

 

 

ちなみにウィルパワーは良い睡眠などにより回復するそうです~

 

 

 

 

 

 

このウィルパワーを踏まえたうえで

 

 

 

 

集中力を鍛える2つのアプローチ

 

 

①ウィルパワーを増やす

②ウィルパワーを節約する

 

とのこと

 

 

 

①ではセルフモニタリング効果というものが紹介されてます

 

これは

 

 

自分の行動を客観的に観察して「うまくいった・いかなかった」を評価し

 

そこから生じる達成感や反省により行動さらに強化できるというもの

 

 

これは例えば

 

2週間「姿勢に気おつけて生活する」と意識すること

 

普段無意識の行動からの気づき、改めるという行動の繰り返しにより

 

 

ウィルパワーは鍛えられるようです

 

 

 

続いて②の節約

 

ここでは

 

「人は行動で疲れるのでなく意思決定で疲れるのだ」

 

というもの

 

 

つまり

 

多すぎる選択肢はウィルパワーを人間から奪い決断できなくする

            ↓

     選択と決断を繰り返す度に ウィルパワーは減少する

             ↓

        ウィルパワーが一定以下に達する

            ↓

          先延ばし発生

            ↓

    頭のなかで「先延ばし」状態が発生すると 無意識に気にした状態が続く

             ↓

           決定疲れ発生

 

 

この決定疲れの対処法として

 

 

バッチ処理という方法が紹介されています

 

 

これは雑事を翌日に残さないよう まとめて処理する方法

 

 

 

仕事や勉強中に やらなくてはいけない雑事を思いついたら

 

一旦メモして頭の外に出しておく

       

そして頭の外に出したものは一日の最後にまとめてやるというもの

 

 

一日の選択肢における意思決定をいかに減らすかが重要であるのだ

 

 

ということみたいです(笑)

 

大分内容を省きましたが

 

 

もし集中力を鍛えたいという方は

 

一度手にとってみてもよいかと~

 

 

 

 

ではまた(*ノωノ)