読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

答えの見えない状況で次の一歩を踏み出すために  マンガでわかる「U理論」 

お疲れ様です

周りから風貌がヤクザもどきと言われる 河童の太郎ですm(__)m

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20170128173406p:plain

目次

・本書の内容

・本書を通しての感想

            

<本書の内容>

●自分自身が問題の一部となってる時の解決法

f:id:kingdam1600:20170202160431p:plain

 主人公・祥子は大手コンサルティング会社出身のエリートである。

物語は祥子が唐松味噌のマーケティング部部長に就任し

新商品の「味噌バター」を市場に売り込むため奮闘する所から始まる。

 

新商品を売るために戦略を立案したり、部下に指示を出すも

 祥子の行動は空回りする一方・・・

 

そんな中、趣味の山登りで知り合った大河内と出会う。

彼から、 今直面してる問題は、ルービックキューブ型」と言われる問題であること

それを解決する方法として、「U理論」の存在があることを知る。

           

<本書を通しての感想>

f:id:kingdam1600:20170202154503p:plain

●U理論とはなんじゃらほい

●U理論はどんな場面で使えるのか

●本書を読んでみて

 

 

●U理論とはなんじゃらほい

U理論とは

過去の延長線上ではない変容やイノベーションを個人、ペア、チーム、組織、コミュニティ、社会のレベルで起こすための原理と実践の手法を解明した理論 p56

と、書いてありましたが

 

私の頭がカオスな状態になったので

 個人的に

人間の内面から滲み出る「何か」をどうやったら引き出せるかを分析し

自然に自分でその状態にもってくための方法を解明したもの

と解釈しています

 

●U理論はどんな場面で使えるのか

f:id:kingdam1600:20170203184643p:plain

原因が一つでなく、色んな要素が複雑に絡み合っている

ルービックキューブ型」と言われる問題に有効と言われている。

 

多くの場合は、問題解決しようとする人自体が

この問題の一部・当事者になってしまっている。

 

本書では、主人公・祥子が

問題を解決しようと、部下に積極的に話しかけたりと

自分の態度・行動を積極的に改善しようと試みるが

結果は、どんどん部下が離れていくという結末に・・・・

 

ルービックキューブ型」の問題の場合

「行動」・「態度」を改めることは逆効果になってしまうのだ p48

 

皆さんが抱えている問題で

自分が積極的に行動しても、問題が解決しない場合

原因が複雑で判断できない場合は

ルービックキューブ型」かもしれません~

 

●本書を読んでみて

率直な感想として

簡単そうで非常に難しい内容

 

 今までの自分の経験のどんな場面で利用できたかなー

と思いながら読んでいました

 

本書に載っていた 対立ループダイアグラム

これを日常や職場などで

自分が苦手だと思っている人、少し険悪な関係になってる人

一緒にやるとお互いの誤解していたり、見えなかったものが見えてくきて

関係性に多少の改善が出てくるのはとおもってやってみようかなとおもったり~

 

 本書の内容を自分のものにするには、かなり時間がかかるかと・・・

興味がある方は漫画から入り、U理論入門などの原本で

一度詳しく読んでみては如何でしょうか~

 

実践された人がいたら是非教えてくださいm(__)m

          

<お薦めの人>

・今までのやり方では解決できない問題に直面してる人

・自分と相手のわだかまりをとり払いたい人

 

<本書に興味のある人>

マンガでやさしくわかるU理論 | 中土井 僚, 松尾 陽子 |本 | 通販 | Amazon

 

今回はここまで('ω')ノ

漫画とはいえど侮れない 「7つの習慣」漫画版

お疲れ様です

改めて、成人された方おめでとうございます!

 成人式の前日に自転車で事故った 河童の太郎ですm(__)m

 

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20170109232545p:plain

目次

・本書の内容

・本書を通しての感想

             

●本書の内容 

f:id:kingdam1600:20170110181354p:plain

主人公・歩は亡くなった父のバーを再開するため

バーテンダーを目指し修行に明け暮れる日々を過ごしている。

 

歩が働くバー「セブン」では様々な人が訪れる。

 ・主体性のない部下に頭を抱える上司

・自分の進路に悩みを抱える大学院生

・自分の才能に限界を感じる作曲家 など

 

 歩はこのバーに訪れる様々な人との出会いを通して

少しずつ「本物」への階段をのぼっていく。

このとき、彼女の考え方を変えたのは7つの習慣であった。

 

全世界で2000万部突破したベストセラーが待望の漫画化!!

             

●本書を通しての感想 

f:id:kingdam1600:20170110144626p:plain

 最近「ザ・コール」「自助論」といったベストセラーが漫画化

 されているのをよく書店で見かけます。

 

 個人的には、何でもかんでも漫画化していくのはどうにも賛成できなくて

というのも、漫画はわかりやすいし、記憶にもの残りやすいが、

 原本に比べて内容が非常に薄くなっていて、胡散臭さいことが多く書いてある

というイメージを抱いていたから

 

わかりやすいだけが売りで、内容は薄いんだろうな~と全く期待しないで読んだが

非常に面白く、実践しやすい

 

 

この本では、第一~第七の習慣を一つ一つの物語に沿って説明してくれる

個人的に印象にのこったところを例にあげると

第二の習慣 終わりを思い描くことから始める 

f:id:kingdam1600:20170111003905p:plain

ここでは仕事に追われ、自分の夢を見失いつつある女性が登場し

変わらなきゃいけない、このままじゃだめだ、

でもどうしていいのかわからない・・・ 

そしてまた仕事に追われる日々に戻っていく

そんな女性の苦悩をここで紹介している。

 

その女性がバー「セブン」を訪れ

バーのマスターや来客していた客の話を聞き

自分の夢はなんだったのか、なぜこの仕事をえらんだのかと

原点に戻るところから始めていくというもの。

 

 一つ一つの物語が身近なこともあり、共感できやすいかと

 漫画なので、必要なときに短時間で振り返ることもできるので扱いやすい

 

 

ただ、何でもかんでも漫画にすればいいと、はやっぱり思えないなー

(漫画化されたシリーズで買って失敗したものもあったので・・・)

 

漫画版を読んだ方は、是非原本も読まれることをお勧めします

            

<お薦めの人>

・本を読もうと思ってるが、活字を読むのに抵抗がある人

・現状を変えたいと思っているが、どうしていいかわからない人

 

<本書に興味がある方>

まんがでわかる 7つの習慣 | フランクリン・コヴィー・ジャパン |本 | 通販 | Amazon

 

今回はここまで('ω')ノ

YouTube 登録者数約33万人超えの男が教える新・教養 

お疲れ様です

人並みの教養を身につけたいと心から望む 河童の太郎ですm(__)m

 

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20170107224653p:plain

目次

・本書の内容

・著者について

・本書を通しての感想

             

<本書の内容>

f:id:kingdam1600:20170108000445p:plain

 あなたは日本の初代天皇を知っているだろうか?

 実は初代天皇を知らない人は実は多い

 

このように世の中では常識的なことだが、意外と知らないことが多くある。

インターネットが普及し、海外との距離がより密接になった現在

日本人が自分の母国について知らないことが多いというのはいかがなものか?

 

 youtubeニコニコ動画で現在圧倒的人気を誇る男が

今こそ日本人が学ぶべき教養を1冊に簡潔にまとめた!

             

●著者について

f:id:kingdam1600:20170107231549p:plain

YouTubeニコニコ動画「KAZUYA Channel」を開設。

内容は政治・時事ネタに関する意見・所惑を動画でほぼ毎日配信。

現在、YouTubeのチャンネル登録者数33万人以上・ニコニコ動画、政治部門

第一位。

 

<その他著書>

・「バカの国」

・「超日本人の時代」

・「日本一わかりやすい保守の本」

・「反日日本人」

             

●本書を通しての感想

f:id:kingdam1600:20170107230146p:plain

 

この本を一言で言うと

「コンパクトな歴史の教科書」

例えば、「世界の宗教」という項目では

キリスト教ヒンドゥー教仏教などの成り立ちや中身などを

比較しながら説明してくれる。

 

他にも天皇・神話の歴史など

中学・高校で教わった「世界史」の宗教の部分を

より細かく解説してくれている。

 

また、本の内容がKAZUYAさんの意見ではなく、

歴史などの「事実」に関する内容が多かったこともあって

「共感できる!」というよりは

「へぇーなるほど」、「あー昔そんなのも習ったかも」

という一冊の参考書を読み終えたような感想が多かったです。

 

個人的に

天皇・日本の神話・宗教を軽く触れたい人は買ってみてもよいかと~

それ以外の人、KAZUYAさんに興味があったり、教養を軽く勉強したい

って人などはKAZUYAさんの動画だけで十分かと思います~

 

             

<お薦めの人>

・KAZYAさんのファンの人

天皇や世界の宗教などの歴史について軽く勉強したい人

 

<本書に興味のある方>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ

年明けの今だからこそ初心にかえる 「自助論」

明けましておめでとうございます

 年明け早々 甥っ子達にお年玉よこせとすねを蹴られる 河童の太郎ですm(__)m

 

本を紹介する前に

2016年ブログを通して本を紹介してくれた方、ブログの感想やアドバイスを

僕の方に送ってくれた方本当にありがとうございました。お世話になりました

2017年も様々な本を紹介していけたらなーと思っていますので

よろしくお願いいたします<m(__)m>

 

新年一発目に紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161209203431p:plain

目次

・本の内容

・著書について

・本書を通しての感想

               

<本の内容>

 ●「自助の精神」で人生を切り開く

f:id:kingdam1600:20161222140935p:plain

「 自助の精神」という言葉を知っているだろうか?

自分で自分を助けようとする精神のことをいう。

 

 しかし、私たち人間は少なからず 他人の支えを必要とする

他人からの援助が自分自身を弱くしてしまうとわかっていても

それを断ち切るのは難しい・・・

 

 自らに対して「最良の援助者」になるにはどうすればよいのか

 

この本は様々な歴史上の人物を例に挙げながら

「人間にとって本当に大切なこと」を教えてくれる

教科書のようなものだ

               

●サミュエル・スマイルズについて

f:id:kingdam1600:20161210162725p:plain

(1812年~1904年、92歳で死去) 英国の作家、医者。

1858年にジョン・マレー社から出版した「Self-Help」は、

中村正直により、1871年に西国立志篇として邦訳し日本で出版。

その思想は、近代日本の影響に大きいな影響を与えたといわれる。

 

               

●本書を通しての感想

f:id:kingdam1600:20161215135904p:plain

 自助論は

どんなに才能がなくても、どんなにお金が無くても

他人に頼らずまじめにコツコと頑張れば、道がひらける!

ということを教えてくれる古典本である。

他にも

・信念を貫くことの大切さ

・辛抱強く生きること

・勤勉であること

忙しい日々を送る私たちが人間が忘れていたものを 歴史上の人物を例に挙げて、

思い出させてくれる本でもある。

 

 なかでも印象に残ったのは

 人格こそ一生通用する唯一の宝 p207 

f:id:kingdam1600:20170102220753p:plain

 

人格それ自体が優れた身分であり、世間の信用を勝ち取れる財産であるというもの

どんなに実力を持っていても、その人の中身に問題があれば

信用をかちとるのは難しいと思われる。

 

例えば、何かの団体の代表・社長といった立派な肩書を持っていても

人を小ばかにする人だったり、女性関係がだらしなかったりなど

性格に問題があったりすると、協力しようという気持ちが起きにくいですよね~

 

 

 書店で多くの「自己啓発」・「ビジネス書」を見かけると思いますが

自助論はそういった種類の本の原点になると思われます

色んなテクニックを勉強する前に

一度「自助論」から読み始めてみてもよいかと~

              

<お薦めの人>

 ・真面目にコツコツやってる人

・自堕落な生活を送っている人

・自分を奮起させたい人

 

<本書に興味がある方>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ

2016年が終わりを迎えるということで 河童の太郎お薦め本5冊を挙げてみる

お疲れ様です

忘年会7連続で胃に穴が開きそうな 河童の太郎ですm(__)m

 

「2017」の画像検索結果

今年も残りあとわずか・・・本当に10月以降からあっという間なもんで

今年を振り返ると「SMAP解散」「ポケモンGO流行」「トランプ大統領誕生」など

 今年も本当に色々ありましたね~ 2016年は皆さんにとってどんな年でしたか?

 

 僕にとっては間違いなく「always 読書の年」でして

暇さえあれば、本を読む。1日最低でも30分は読む。本を常備しないとおちつかない

そんな年でもありました~

 

2016年が終わる前に、ちょいとここらで今年の総まとめをかねて

今までブログで紹介した本の中から河童の独断と偏見で、

お薦め本5冊を選んでみました~

 

 ①「超集中力」   メンタリストDaiGo

f:id:kingdam1600:20161228164727p:plain

<仕組みを知れば、誰でも手入れることができる>

 「集中力を生み出す条件を知り、集中力を鍛えていく」というもの。

集中力の源である「ウィルパワー」の説明から、集中力を引き出すための7つの条件

などこれ一冊で「集中力」に関する情報が全て手に入るといっても過言ではない。

本書と出会う前は、 集中力は生まれつきの能力じゃないのか、と思っていたので

自分には非常に新鮮だった。中でも、「人は行動ではなく意思決定で疲れる」

最も印象に残った。この項目を読んでから、次の日に着る服、食事などを前日に

予め用意して、当日の意思決定の回数を減らすことを心がけるようになった。

集中力が続かないという人は、一度手に取ってみてはいかがでしょう!

 

<お薦めの人>

・「集中力」を鍛えたい人全般

                

②「ビジネススキル大全」 藤井孝一

f:id:kingdam1600:20161228174509p:plain

<社会人の基礎となるスキルを1冊にまとめました!>

自分でスキルを学ぼうと書店に足を運んだ時、多くのビジネススキル書を目にして

「自分にはどれが合うんだろう・・」と混乱した経験ありませんか?

そんな悩みを解決してくれるのがこの一冊!

この一冊で社会人が仕事を進めるうえで、土台となるスキルを厳選してあるのだ。

スキルだけでなく、ビジネス本も厳選している。以前紹介した「仕事はたのしいかね?」「自分の小さな箱から脱出する方法」などの良書が選択されている。

つまりこれさえあれば、あなたのビジネス書を読む時間や使うお金を最小限に抑えることができる。時間がなく、なかなかビジネス書を読むひまがないという人には是非お薦めである!

 

 <お薦めの人>

・スキルに興味があるが 何から始めていいかわからない人

・来年から社会人になるが 自分のスキルに自信がない人

 

              

③「君は一万円札を破れるか」 苫米地英人

f:id:kingdam1600:20161015084023p:plain

<お金に絶対的価値はない>

お金に対する見方・本質が大きく変わる本。

本書のメインテーマは「お金の奴隷から解放され、真の自由を手に入れる」

ことである。「お金の奴隷」という言葉に、なにこれ?と思う人もいるはず。

 「お金がなくて何もできない・・」といったお金に対して常に不安を持ち、

お金に絶対的な価値があると思い込んでる状態を「お金の奴隷」という。

お金の悩みはどうしても避けられない。お金に対しての不安を解消したい方、

本書を一度手に取り、お金の本質を学んでみてはいかがでしょう?

 

<お薦めの人>

・常にお金の問題に悩まされている人

・お金の本質に興味がある人

 

             

④「親は100%間違っている」 長倉顕太

f:id:kingdam1600:20161228215956p:plain

 <自分の価値観を全てぶっ壊せ!!>

 自分の人生を一から考えさせられた一冊。この本を読んだ時、

今までの人生は本当に自分が望んだ人生と言えたのか、と本気で考えさせられた。

 この本で述べているのは、今まであなたが歩んできた人生は親、学校、社会の

価値観によってつくられた役を演じたに過ぎないのだと。

ここで大事なのは、今までの選択に自分の意志が本当にあったかどうか。もし今まで

「なんとなく」それなりの学校に行き、「なんとなく」それなりの会社に入るという

「なんとなく」で生きてた人は要注意。なんとなくで生きるということは死んでいることと同じなのである。

今の自分の進路に少しでも「疑問」がある方、一度自分の価値観を全てぶっ壊してみませんか?今まで見えなかった選択肢がみえるかも。

 

<お薦めの人>

・自分の進路に満足していない人

・納得のいく選択を選びたい人

 

             

 ⑤「初速思考」 金田博之

f:id:kingdam1600:20161230170234p:plain

 <30代から成長する人・しない人の違いとは?>

 一日一日の振り返りの重要さを教えてくれた本。作業の効率改善に手助けとなった。

30代から成長が伸びる人の特徴の一つとして、PDCAサイクルの「C」、振り返りを重視している。振り返りをしっかりし、落とし込むことで自ずと次の行動に落とし込めるのだ。中でも蓄積された一行振り返りから、拾い上げた「アクションリスト」は優先順位を瞬時に把握したり、自分の作業の分析をする際には非常に助かった。

今の作業のスピードをあげたい、短期間で見える結果をだしたいという人には本書は

非常にお薦めである!

 

<お薦めの人>

・仕事の効率化を図りたい人

・同じような失敗を繰り返してしまう人

・短期間で結果を出したい人

 

以上が、今までブログで紹介した本の中でもお薦めの5冊です

もし興味のある本があったら、年明けにでも読んでもらえたら幸いですm(__)m

2017年も色んなジャンルの本を紹介できたらなーと思っております~

それでは皆様よいお年を('ω')ノ

試すことに失敗はない 「仕事は楽しいかね?」を読んでみての感想

お疲れ様です

クリスマスは男4人で研究会 河童の太郎ですm(__)m

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161223103618p:plain

目次

・本書の内容

・著書について

・本書を通しての感想

               

<本書の内容>

 ●試すことに失敗はない

f:id:kingdam1600:20161225224230p:plain

 この物語は今の仕事に何の希望もなく不満を持つ若者が

吹雪で閉鎖された空港で 1人の老人と出会うところから始まる

 

その老人は、若者とたわいもない会話をした後

突然彼にこう告げる

仕事は楽しいかね?

 

その老人の正体は

多くの有名企業がアドバイスを求めるほどの有名な実業家であった!

 

1人の老人が若者に教える成功のノウハウ

 その一つは 「試すことの大切さ」であった

               

●著者デイル・ドーテンさんについて

f:id:kingdam1600:20161223165952p:plain

現在米国を代表する人気コラムニスト

 1980年、マーケティング・リサーチ専門会社、リサーチ・リソーセスを起業。

 マクドナルド、3M、P&G、コダックなど大手優良企業を顧客に持つ全米でもトップレベルの会社にまで成長させる。

執筆活動のかたわら、企業講演、従業員訓練やキャリア・セミナーを主催。

 

<著書>

・「仕事にちょっとつまずいたあなたへ」

・「笑って仕事をしてますか?」

             

●本書を通しての感想 

f:id:kingdam1600:20161225230131p:plain

 本書のメインテーマは「試すことの大切さ」です

コカ・コーラポストイットといったヒット作は

「偶然の出来事」「思いつき」で生まれることが多いようで。

 

今年話題のピコ太郎 「PPAP」

f:id:kingdam1600:20161226135228p:plain

この曲もピコ太郎さんが曲を作っているときに

たまたま手元にあったペンとリンゴをおもむろに

「ウンッ!!」とリンゴにペンを突き刺し 思いついたとか(笑)

 

ここで言いたいのは、

「偶然の出来事」や「思いつき」を素晴らしいアイディアにするためには

ただ待ってるだけではダメである、ということ

 

「PPAP]のように、リンゴにペンを突き刺してみたり

自分から色々試すことで、

良いアイディアを思いつく確率が高くなったり

ふと思いついたアイディアに気づけることができるのです

 

 

f:id:kingdam1600:20161226150543p:plain

これに加えて、私は「アイディアノート」を持ち歩くようにしています

アイディアというものは、本当に突然ふってきます

友達と話してるとき、風呂に入っているとき、寝ているとき・・・などなど

思いつく度に、ノートに記入していきます~

 

 そうすることで、いつでも「思いつき」を保存でき、

古いアイディアとさっき思いついたばかりのアイディアを組み合わせ、新たな発想を生み出すことも可能になるかと

 

 

個人的にはいいなーと思ったのは

「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」

 

何か行動をおこす前というのは

「失敗したらどうしようー」「周りから何か言われたらいやだ・・」

といった、不安が必ずつきまとう

 

しかし、できるかどうかなんてやってみないとわからない

やってみてから考えよう!

 

 

子供の頃は、何事も遊び感覚でチャレンジし続けたのに

大人になるにつれて、変なプライドを言い訳になかなか踏み出せない

今の自分にはピッタリだなと思いました(笑)

 

思考は時に、人間の純粋な気持ちを邪魔します

当面は「こうしたいなー」と少しでも思えたら、本能に従う

感覚人間でいきていけたらなー、と思っておりますm(__)m

            

<お薦めの人>

・今の自分に満足してない人

・今まで色んな自己啓発本・成功本を読んできた人

・計画を立てることに依存してる人

 

<本書に興味がある人>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ

世の中は決定的に不公平   サイコロジカル上下

お疲れ様です

クビキリサイクルOVA化に大興奮 河童の太郎ですm(__)m

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161201000021p:plain

目次

・本書の内容

・本書を通しての感想

           

●本書の内容

 f:id:kingdam1600:20161217215200p:plain

 天才技師・玖渚友(くなぎさ とも)に連れられて、かつての「仲間」である兎吊木垓輔(うつりぎ がいすけ)を救出に向かう「ぼく」。彼が囚われている研究所は堕落三昧(マッドデモン)と呼ばれる斜道卿壱郎博士の謎めいた研究施設であった。

 

そして研究室で対面する「ぼく」に兎吊木はこう問う

「きみは玖渚友のことが本当は嫌いなんじゃないのかな?」と

 

次の日 兎吊木との会話を続きをしようと、彼の研究室を訪れる

しかし、そこで目にしたのは・・・・・

戯言シリーズ」第四弾。上巻・下巻の2冊でお楽しみください

          

●本書を通しての感想

f:id:kingdam1600:20161217220318p:plain

読んだ率直な感想としては

気持ちの良い騙され方

 

語り部である「ぼく」が密室のトリックを説明している場面辺りから

「本当にこんなトリックできるのか」「真相解明の流れがあっさりしすぎる」と

穴だらけの推理に疑問を抱いていたが

 

最後にちゃんと、推理が雑になった理由などを含めてまとめて明確にしてくれたので

スッキリした気分で読み終わることができた!

 

それにしてもこの「サイコロジカル」は

舞台が研究所ということもあるのか、話が難しい・・・

上巻だけ読んでも、哲学的なことも多く 「全然話が見えてこない」と思う人も多いんじゃないかなと

 

下巻クライマックスも 一回読んだだけでは 何が起きてるのか理解できない

二回目で「あー だからこの人がこの場面に登場してるのか」と納得できました

 

 

●本書を読むうえで

 

f:id:kingdam1600:20161219132245p:plain

戯言シリーズクビキリサイクルを読んだ方はわかると思いますが

発見された<首なし死体>には、なぜ首を切り落として殺したのか

ちゃんと理由がありましたよね?

 

今回の事件も 両腕がもがれ、目に刃物が刺さっていたり

一見、頭のいかれた犯人による猟奇的殺人に見えますが

こうした殺し方をしたのには理由があります

 

「なんでこんな殺され方をしたのか」と考えてみると

犯人や事件の真相がわかるかもしれません~

 

シリーズも4作目に入り、過去の作品に登場した人物の話がでてきたりなどもあり

ここから「戯言シリーズ」を初めて読むのは厳しいかと思います*1

 

戯言シリーズ」に興味を持った方は

是非 1作目のクビキリサイクルから読んでみてください

           

 <お薦めの人>

 ・「戯言シリーズ」を1作目から読んでる人

西尾維新の作品を読んだことのある人

 

<本書に興味のある方>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ

*1:+_+