読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたが上司ならどんな部下が欲しいですか?  「まずは上司を勝たせなさい」

お疲れ様です

 年上と接すると体が緊張状態になる 河童の太郎ですm(__)m

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161211165748p:plain

目次

・本書の内容

・本書を通しての感想

            

<本書の内容>

●這い上がるのでなく、引っ張てもらう

f:id:kingdam1600:20161211231440p:plain

 入社して抱える悩みの一つとして、「上司」の問題は避けられない。

自分が得意とする上司よりも、自分が苦手なタイプが上司になることが多いだろう。

 

しかし上司は見方によっては「最初に自分を上から引っ張ってくれる存在」として

 あなたの成功を後押ししてくれる重要な存在なのだ。

 

本書では上司との接し方、人への気遣いなどをより具体的に示している。

            

●本書を通しての感想 

f:id:kingdam1600:20161212123539p:plain

結論からいうと、個人的には本書の内容に目新しいものを感じなかった

・上司が食べ終わる直前に自分の皿を空にする

・メモは自分のためではない

・とにかくたくさんの人と会う

 など内容は基本的なことが多いかと

 

しかし、じゃあこの基本的で当たり前なことを

どれくらいの人が自然にできているのか、という話。

 

 「こんなのいつもやっている」「できないほうがおかしい」本書を読むとそう思う人もいるでしょう。ただ、私を含めて実際、上司と接する現場で行動できるかというとあたふたしてしまう人が多いのではないだろうか。

 

 個人的に印象に残った項目は「早くばれてしまいなさい」

f:id:kingdam1600:20161213145329p:plain

 この項目で言いたいのは、うわべだけの配慮は年上には通用しない

 うわべだけの配慮とは、表向きはペコペコと頭を下げ相手を尊重してるように見えても

内心は相手を見下してたり、傲慢な気持ちで相手と接していることなどです。

 

部活や会社あらゆる団体でも、表面的なテクニックだけで取り繕っている面倒な人間は必ず一人以上はいるはず。

 本書で述べているのは、テクニックで挨拶・礼儀を上手くごまかしたところで、年上の人には全く通用しないということである。

 

あなたの周りに、表面的には礼儀正しいが、「なぜか心に響かない」「態度がでかい」と思うような後輩いたりしませんか?

どんなにテクニックでごまかしても、自分が傲慢な気持ちで相手に接していたら、自然と行動に表れてしまうものだと思います。

 

本書を読む時に、「自分が上司だったらどんな部下がほしいか」と意識しながら読むと

面白いかと思います~

            

<お薦めの人>

 ・上司との接し方がわからない人

・人から信頼を勝ち取りたい人

・社会人一年目の人

 

<本書に興味がある方>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ

あなたはすでに「箱」の中  自分の小さな「箱」から脱出する方法

お疲れ様です

常に自分の世界に引きこもりたい 河童の太郎ですm(__)m

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161128144029p:plain

目次

・本書の内容

・本書を通しての感想

                

<本書を通しての内容>

 ●あなたはすでに自己欺瞞という「箱」の中

 f:id:kingdam1600:20161130233540p:plain

「君には問題がある」

ある日、転職先の副社長から放たれた言葉

仕事でかなりの成功を収めていた主人公はこの言葉に戸惑った

 

 その問題とは、主人公が「箱」に入っていることだった・・・

 「箱」とは何なのか 

「箱」に入ることの何が問題なのか

 

主人公は 会社の人間関係を改善する研修を受けながら

 自分の問題と改善方法を学んでいく!

                

 ●本書を通しての感想

 

本書を通しての感想は主に2つ

①自分に素直になることの大切さ

②年代によって入る「箱」は異なるのではないか

 

 

①自分に素直になることの大切さ

本書を読んで自分の中で変化したのは、自分に素直になることを心がけるようになった

 

 「自分がこうしたい」という気持ちに反することをする

つまり、自分への裏切りで「箱」の中に入ってしまいます。

 

例を挙げると、電車の中で高齢者が前に立っていて

自分では席を譲ろうと思っていてるが、何かと理由をつけて席を譲らない。

すると、席を譲らなかった自分を正しいと思い始め、席を譲らない周りの乗客たちを不愉快に思う。歪んだ世界の完成である。

 

f:id:kingdam1600:20161207114347p:plain

 

「箱」の外に出るためにも自分の気持ちに嘘をつかないことは大切である、

本書を読んでから、自分が少しでも「こうしてあげたい」と思ったことは

 素直にその気持ちを尊重して、行動に移すようになりました

 

「何を当たり前のことをいってるの」と思うかもしれませんが、

自分に嘘をつかない、というのは簡単なようで難しいことである

 

 

②年代によって入る「箱」は異なるのではないか

例えば、10代、20代は「段ボール箱」

 

f:id:kingdam1600:20161206122211p:plain

 

ダンボール箱は水に弱かったり、ペンでも簡単に穴が空いてしまう。

つまり、どんなに自分が「箱」にはいっていてもその覆ってる箱は弱く、様々な人からの意見に素直に傾け、本人の意識次第でいつでも自分から「箱」の外に出ることが可能な状態である。

 

しかし、40代、50代と高齢者になっていくと・・・

 

f:id:kingdam1600:20161206124546p:plain

入る「箱」がダンボール箱より頑丈な箱

自分の軸や考えが強固なものとなり、人から指摘をされてもなかなか受け入れられず、「箱」がら出ることが困難になるのではないかな、と個人的に思ったりもしました。

(あくまで私のイメージですm(__)m)

 

 

誰かに対してモヤモヤした時、自分の気持ちに嘘をつ時

 あなたはすでに「箱」の中なのかもしれません。

 

「箱」の外に出るためにも 自分の気持ちに正直になり、相手を自分と対等な「人」としてみることが大切です。

 

本書は人間関係改善のヒントを得れるものかと!

一度手にとってみてはいかがかでしょう(^◇^)

              

<お薦めな人>

・人間関係が思うようにいかない人

・自分を偽っている人

 

<本書に興味のある方>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ

どんな苦手な相手もこの一冊さえあればどうにかなる 「正しいブスのほめ方」

お疲れ様です

けなされれば けなされるほど伸びる 河童の太郎ですm(__)m

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161126182507p:plain

目次

・本書の内容

・本書を通しての感想

             

<本書の内容>

●ブスを褒めるか否か、は全ての人間力に通じる

f:id:kingdam1600:20161129125254p:plain

 「ブスなんか褒めても何の意味もない」 そう思った人は少なくないはず

 

しかし、ブスを褒めれる人は観察力があり、思慮深い人間である。

つまり、ブスを褒めることは人間性の高さを示し、世渡りには欠かせないもの!

 

 題名は「ブス」と書いてあるが、内容は「ブス」だけに限らず

私たちの周りに確実にいる、「イケメン」「美人」「意識高い系」「かまってちゃん」

もしかしたらいるかも、「夢追い人」「DQN」 「欧米かぶれ」「どんくさBOY] 

 と幅広い人種が一冊にまとめてある。

               

●本書を通しての感想

f:id:kingdam1600:20161129131923p:plain

題名に惹かれ、おそらく内容はぶっ飛んでるだろうなー、と思って買ったら

意外と中身はしっかりしたもので、なかなかためになる本!

 

本書を一言で言うと、「ポケモン図鑑」ならぬ「全国人間キャラ図鑑」

あらゆる種類の人間の生態・接し方・褒め方・NGワードが載っています。

また、本書を見ながら他人だけでなく、自分はこの人種かもしれないと自分についても発見できるのが、面白かった

 

個人的に印象が残ったのが 意識高い系」に対する正しい褒め方

f:id:kingdam1600:20161129143130p:plain

このようなタイプに「○○は意識高いよねー」という言葉をかけるのはNG

正しい褒め方は

「周りで一番、10年後が楽しみな人!」とのこと

●ポイント:言ってることを全部鵜吞みにした期待MAXの気持ちでいう

 

是非皆さんの周りの「意識高い系」の方にも上記の言葉で褒めてみてはいかがでしょう

 

 

職場、学校、プライベートどんなところでも「嫌いだが、仕事上付き合わなければいけない」人たちは多くいます。そんな人たちが自分たちの都合のいいように変わってくれることはまずない。

それならば、自分が相手の生態を理解し、接し方を変えるほうが早い!

そう改めて気づかされる一冊でした

 

本書を常に持ち歩き、目の前に出現したキャラをチェックしていき、図鑑コンプリートを目指しても面白いのでは?

             

 <お薦めの人>

・嫌いな相手にお世辞をいうのが苦手な人

・人に対する見方を変えたい人

・人付き合いが苦手な人

 

<本書に興味がある方>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ

知識は無料にすべきか、有料にすべきか 「知の進化論」

お疲れ様です

 圧倒的知識不足 河童の太郎ですm(__)m

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161123131624p:plain

目次

・本書の内容

・著書について

・本書を通しての感想

             

<本書の内容>

●秘匿から公開、有料から無料で提供される知識

f:id:kingdam1600:20161123145049p:plain

知識の価値は隠匿公開どちらのほうが価値が高まるのだろうか?

印刷技術が発明される前、知識や情報は一部の権力者・専門家にしか得れないものであった。知識は隠匿によって価値を持ったのだ。

 

しかし、15世紀ヨーロッパに印刷術が発明された結果

知識伝達と拡散のコストが低下し、広い範囲の人々が知識を得られるように

 

更には、1990年代インターネットが発達したことにより、状態が根本的に変化

今まで有料であった知識 が、誰もが無料で知識を得られる時代になったのだ。

 

情報を無料で提供するようになった時代

しかし、無料で情報を提供するということは情報供給のインセンティブ喪失を招く。

その結果、発信される情報の質は低下してしまう・・・

 

今の時代 知識の価値はどこに見いだされるのか?

                

●著書・野口悠紀雄さんについて

f:id:kingdam1600:20161123152909p:plain

元官僚、経済学者。一橋大学名誉教授。専門は日本経済論、ファィナンス理論。

<著書>

・「超」整理法シリーズ

・「超」勉強法シリーズ

・「超」整理日誌シリーズ

・「超」シリーズ

              

<本書を通しての感想>

 ●無料で知識の拡散に感じること

f:id:kingdam1600:20161124085638p:plain

インターネットの普及により、検索欄にキーワードを入れるだけで

自分の欲しい知識・情報がいつでも無料で手に入れらるようになりました。

 

私を含めた情報を受け取る側からしたら、知識を無料で得れることは非常にありがたいこと。

わざわざ図書館などに行かずとも、多くの知識・情報を簡単に短時間で知れるのは便利すぎる~と思っていますが、勿論いいことづくしというわけでもありませんよね

 

例えば

・情報の取捨選択に苦労する

・知識のしったかぶりの続出

・サイトを作っても上位の検索キーワードに引っかからないとみてもらえない

などなど他にも色々あるかと

 

個人的に知ったかぶりの続出が目につきます

無料で知識を手に入れることが可能になり、誰もが知識人になれるようになりました。

しかし、知識を持ってることに満足してしまう。

 

ある人の発言で「いいこと言ってるはずなのに、なぜか薄ぺらく感じる」と思う人は、自分の中に落とし込まずに、知識をただ引用しただけかと

 

知識は実践、または自分の中に落とし込んでこそ初めて本当の知識になるもの

私自身も知識を得るだけでなく、一度自分の中に落とし込んでいくことを心がけようと思いますm(__)m

              

 <お薦めの人>

 ・グーグル、SNSなどの仕組みに興味のある方

・知識・情報の今後の展開が気になる方

 

<本書に興味がある方>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ

「見せかけ」のエリートではなく真のエリートになるために

お疲れ様です

クズ・エリート 河童の太郎ですm(__)m

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161115202018p:plain

目次

・本書の内容

・著書について

・本書を通しての感想

                

<本書の内容>

●日本のエリート像の限界

f:id:kingdam1600:20161116150047p:plain

日本でいう「エリート」というのは、一般的に東大、京大といった有名大学卒業者、「高学歴=エリート」というのが昔からの暗黙の了解となっている。

どうやらその日本の旧来型エリート像に限界がきているようだ。

 

日本のエリートはいい意味でも悪い意味でも、昔ながらの「平均的エリート」の型に収まってしまいがちなのだ。

本来は世界に影響を与えるような仕事をする官僚・政治家がたくさん出てもいいはずなのに、田舎の秀才タイプに満足してしまう人が多いのだ。

 

佐藤優氏が未来のエリート予備軍である超難関高校生に送る渾身の授業

・真のエリートになるために

・戦争はいつ起きるのか

・僕たちはナショナリズムから逃れられない

の3本立て。

             

●著書・佐藤優さんについて

f:id:kingdam1600:20161115202450p:plain

日本の元外務省主任分析官、作家。同志社大学神学部客員教授

主任分析官として、対ロシア外交の最前線で活躍。

 

<その他著書>

・「神学の思考 キリスト教とは何か」

・「人に強くなる極意」

・「国境のインテリジェンス」

・「組織の掟」

などなど多くの本を出版。

              

<本書を通しての感想>

●日本における「エリート」の立ち位置

f:id:kingdam1600:20161122201123p:plain

皆さんは「エリート」という言葉にどんなイメージが持っていますか?

何となくですが、マイナスなイメージが強いのではないでしょうか。

「あいつはエリートだから」「エリート意識が強い」など、否定的なニュアンスがあります。

 

本書でも述べていますが

ロシアでは中立的な意味でエリートという言葉を日常的に用いています。

それに対して、日本では「エリート」という言葉に対して非常にマイナスです。

 

そのためかエリート達は社会で次のような立場にいるそうです。

日本の「エリート」達は社会で自らがエリートであることを上手に隠さないと、周囲の嫉妬に潰されてしまうリスクがある p228

 

常に周囲の嫉妬に注意しなればならない。でも注意しすぎると行動が制限される。

エリート達にとって日本は生きづらい場所かもしれませんね。

 

私は「エリート」と呼ばれる人達ほど、嫉妬の対象になることはないと思います。

しかし、日本が頑張ってる人の足の引っ張り合う場所であることは間違いないかと

 

自分の成し遂げたいものが達成するまでは当面、「仕事できない」「頭悪い」といったマイナスイメージを周囲に持たせるよう努めようかなと思いました~

               

<お薦めの人>

・エリートを目指す高校生・大学生

・受験を控える学生全般

 

<本書に興味がある方>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ

「夫と同じ墓にはいりたくない」 お墓につきまとう様々なトラブル

お疲れ様です

 お墓参りに蚊取り線香は欠かせない 河童の太郎ですm(__)m

 

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161111205038p:plain

目次

・本書の内容

・著書について

・本書を通しての感想

               

 <本書の内容>

●他人事ではないお墓の様々なトラブル

f:id:kingdam1600:20161111212124p:plain

 近年、医療技術の発達し、寿命が延長するようになってからか

人々の意識から「死」の概念が薄れつつある。

だが、祖父母、両親といった身近な人の死は必然的に起こるものであり、私たちにとって「死」は遠い未来のものではない。

 

そして人の「死」に重要な役割を果たすのが、お墓である。

現在、このお墓に多くのトラブルが起こっている。

 

例えば「死後離婚」という言葉をしっているだろうか?

夫の死後、妻が夫と同じ墓に入ることを嫌がり、夫と別の墓に入ることである

 この「死後離婚」が近年増加しつつあるのだ

 

他にも

・お墓の相場について

・「離檀料」をめぐるトラブル

・先祖代々の墓をどうするか

などなど、お墓の悩みは尽きることはない。

 

本書ではお墓の現在の問題を解決するだけでなく、墓参りの知識、葬儀の現状など私たちが知っておいて損のない情報が多く詰まっている。

               

著者・吉川美津子さんについて

f:id:kingdam1600:20161111205520p:plain

葬儀・お墓コンサルタント「アルック」代表。

90年代半ば、葬儀専門人材派遣会社でセレモニースタッフとしてお葬式の手伝を始める

その後、東証一部上証「公益社」で葬儀施行、営業、セミナー運営等の業務に携わる。

現在、お墓コンサルティングの第一人者として講演活動や執筆、テレビ出演など多忙を極める。

                 

<本書を通しての感想>

● 時代とともに変化する墓参り

 

f:id:kingdam1600:20161113135929p:plain

 線香、お供え物を持ち、お墓に水をかけお参りするやり方はもう時代遅れのようです。

足腰がわるく現地に行けなかったり、忙しくて予定を空けられない人たちにむけ

「お墓参り」の形も時代とともに変化している。

 

☆ネットお墓参り

f:id:kingdam1600:20161113140747p:plain

基本的にお墓がある人を対象とし、インターネット上で仮想の墓参りをする。

対象者のお墓や遺影の写真をアップし、墓参りをしたいときにマウスで線香や花を添えることができるというもの。

 

☆お墓参り 代行サービス

f:id:kingdam1600:20161113141400p:plain

 高齢者、お墓の手入れに苦労する人などが多く利用するサービス。

代行費用は簡単清掃とお墓参りを組み合わせ、月に1万5000円ほど。開始前と終了後の写真をメールまたは郵送で知らせてくれる。

 

今回紹介したのは「お墓参り」ですが、アマゾン「お坊さん便」など宗教界全体が時代に合わせて改革をすすめているようです。

 

 本書を20代前半など多くの若い人にも読んでもらいたいと思っています!

「死」というものは常に私たちの身近にあるものです。

「まだまだ自分には関係ない話だ」と言っている方も、知っておいて損のない知識が盛り沢山ですので、是非一度ごらんください!

自分、他人の人生が終わる最後の最後を安心して迎えるためにも。

                

<お薦めの人>

 ・お墓、墓参り、葬儀の仕方などの基本知識を学びたい方

・お墓についてのトラブルを避けたい方

 

<本書に興味がある方へ>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ

「名人」から学ぶいざという時に最良の判断を下せる「決断力」 

お疲れ様です

あらゆる場所で優柔不断な河童の太郎ですm(__)m

 

今回紹介するのはこちら

f:id:kingdam1600:20161108004829p:plain

目次

・本書の内容

・著者について

・本書を通しての感想

              

 <本書の内容>

 ●常に最良の結果を出すために

f:id:kingdam1600:20161109162547p:plainv

学校、職場、日々の生活。

常に私たちは様々な場所において、自分にとってベストな選択をしなければならない。

しかし、ベストな選択を短時間で下すのはそう簡単なことではない。

短時間で意思決定を強くするにはどうすればよいのか。

 

 

「将棋界始まって以来の七冠達成」として日本上の話題になった 天才棋士羽生善治

本書では、どんな困難な状況でも、「勝ち続ける」ことを可能にした

一流から学ぶ勝負の極意を羽生善治の体験を通して述べている。

              

 ●著書・羽生善治さんについて

f:id:kingdam1600:20161108171030p:plain

 将棋棋士。小学六年生で二上達也九段に師事し、プロ棋士養成機関の奨励会に入会。

19歳で初タイトルの竜王位を獲得する。96年、「七大タイトル」全てを独占。

「将棋界始まって以来の七冠達成」として日本中の話題となる。

 

<その他著書>

・「羽生の頭脳1~10」

・「大局観」

・「直観力」

              

<本書を通しての感想>

 ●「経験」を活かしきるために、同時に精神面を鍛える

f:id:kingdam1600:20161110143918p:plain

本書では「経験」に関して次のように述べています。

 

経験には「いい結果」「悪い結果」がある。

経験を積んで選択肢が増えている分だけ、怖いとか、不安だとか、そういう気持ちも増してきている。考える材料が増えれば増えるほど、マイナス面も大きく膨らんで自分の思考を縛ることになる。(p32)

 

私は「経験」はすればするほど良いと思ってます。

多くの「経験」を積むことにより、自分の新しい一面を知ったりなど新たな発見があるからです。

 

しかし、一方で「経験」が自分を臆病にしているのは間違いないかと。

私の場合、成功体験より失敗の「経験」が多いため、「自分は仕事ができない」という認識を強く自分の中で植えつけられました。

 

その「仕事ができない」と認識は、あらゆるところで足かせになっています。

新しい選択肢が来た際に、やる前から無理だと決めつけてしまったり

選択するのに躊躇してしまい、一つの選択に無駄に時間がかかってしまったり・・・

 

では「悪い結果」になった「経験」を活かすためにはどうすればよいのでしょうか。

本書で述べているのは、「経験」と同時に自分自身をコントロールする力を成長させる

 

「悪い結果」という「変えられないこと」にいつまでも固執するのではなく

「変えられること」にエネルギーを注げるように仕向ける、マイナス面に立ち向かえる理性を養う必要がある。

 

今の私に必要なことは自分自身をコントロールする力=精神面を鍛えること

今後経験する中でも、自分を追い込みながら精神面を鍛えていけたらなと思います。

 

最後に本書を読んだらといって、「決断力」が身につくわけではありません。

しかし、「経験」についてもそうですが、集中力、直感などについて「なるほど!!」と心から羽生さんの考えに共感できる一冊でした!!

              

<お薦めの人>

 ・決断力、集中力、直感に関して何かしらの疑問を持つ人

・一流の思考に触れたい人

 

<本書に興味のある方>

Amazon CAPTCHA

 

今回はここまで('ω')ノ